占い師Hisashiの占い講座110(成長の流れ プロジェクト編 1室、2室、3室)

今回は以前までの成長の流れを
総括してみます。

成長の流れは元々、西洋占星術
では時間の流れはホロスコープの
出生のホロスコープが種で、進行
のホロスコープ、トランジットの
ホロスコープを利用して、時間の
経過を見るのが、西洋占星術の
時間に対する考え方である。

ということに対して、出生の
ホロスコープをよく見ることで、
時間の流れを言わば人の一生の
成長の過程として出生の
ホロスコープから読み取ること
が出来るということの解説として
の具体例として挙げたものです。

その中でこの例の方の一生の方向性
つまりは成長の流れは解説を終え
ました。

ただこの成長の流れは実は人の
一生の方向だけではなく、何かを
始める時にも応用の効く解釈だ
と言えます。

これはつまり人の一生というような
大きなものではなく、例えば例の
方が仕事をしていく中で、一つの
大きなプロジェクトを任されたとき
にそのプロジェクトを進める発展
の方向性としてもこの成長の流れ
をたどる傾向があるということ
が言えます。

これは例えばこの例の方が、40歳の
時に、あるマンション計画の企画・
販売の一大プロジェクトのリーダーと
してそのプロジェクトを任されたと
します。

その時にもこの方の成長の流れは
その方の一生の流れだけでなく、
こうした何かプロジェクトを始め
ようとするときにも、その方の
ひな形として、影に日向に影響を
落とすのだと言えます。

具体的に見て行きましょう。

まずこの方の1室にあるのは
木星です。

となりますとこの方にとっては、
このプロジェクトを始めるに
際して、会社の上司や上層部から
の支援・援助があったのです。

具体的にはこうしたマンション
計画のかなりのところを上層部
がお膳立てをすることになります。

次に2室にあるのは天王星です。
この場合にはこのプロジェクトに
対する資金面でのハプニング・
アクシデントが予想されます。

本来は上層部がうまくお膳立てを
してくれたプロジェクトであるため、
普通にしていれば、成功は確実であった
はずです。

しかし、資金難が起こり、また資金を
かき集めるための工夫とアイデアが
必要にもなります。

次に3室には海王星があります。

こうした資金難を持ち前のコミュニ
ケーションを活かして、色々なとこ
ろに働きかけて、なんとか資金を集め
ようとします。

そうしてその過程でプロジェクトに
関わる自分の部下ともいえる方々とも
意志を交わし合い、計画を綿密に練って
いくことになるのです。

つまりこの3室までの流れで、やっと
上層部のお膳立てではない、自分ならで
はのプロジェクトの進行方向が見えて
くるのです。

この方はいつもそうです。

何をやるにしても、もともとは祝福
され順風満帆であったにも関わらず、
必ず資金的なところで、ハプニング
が起き、そしてそれにたいして、
しっかりと取り組む過程で周囲と
色々なコミュニケーションをとり、
それが新しい計画を進めて行く。

それは一生という人生の進み方だけ
でなく、こうしたプロジェクトや
はたまた学生生活や夫婦として進む
ときにでも、また自分が何かを始める
ときにでも常に現れるひな形なの
です。

これはつまりこうしたひな形がホロ
スコープに刻まれておりまして、
これが成長の流れを支配している
ので、人の一生のみならず、どんな道
でどんなことをしてもこのホロ
スコープの持つ、成長の流れという
ひな形は影響を与えるのだと言えます。

この成長の流れというひな形はこうして
一つのプロジェクトの中でも、この方
の進む道を決めて行くのです。

それでは物事は運命は常に決まって
いるのではないか。努力する必要は
どこにあるのかと思われる方も
いらっしゃるのではないかと
思いますが、運命というものは
確かにある程度は決まっている
ところがあります。

それは元々の部分です。
運命は元々はかなり決まって
いるところはあります。

たとえばこの方がプロジェクトリーダー
となるときにはやはり上層部や上司
などが力になってくれる、そんな
傾向はあるのです。

他にも受験を始める時には、両親
や親戚などから応援されるということ
もあるでしょう。

これがこの方がプロジェクトリーダー
になるときからすでに放り投げだされ
たり、受験のときに親が反対する
というようなことは起こりづらい
ということが言えます。

その意味では運命はかなり決まって
います。 

一方で資金難などが起きたときに、
それに対する対処やまた、それに対する
対策などでコミュニケーションを
取り新たな計画を練っていくという、
そのような段々と成長の流れを
進めて行く過程での進め方になると
もはや運命は決まっておらず、当人
の努力によっていろいろな流れが
変わってくるのです。

つまりは運命とは一見するとホロスコープ
で決まっているように見えても成長の
流れを進む過程で当人の努力によって大きく
道は変わってくるのです。

これは人の一生についても言えることで
して、成長の流れの中で人生は変わって
くるのです。

つまり生まれた当時や、もともと
の部分でホロスコープに刻まれたような、
運命の方向性であったものが、成長の流れ
の中で努力をする過程で運命は大きく
変わってくるのだということが言えます。

次回はこの成長の流れプロジェクト編
の続きを見て行きます。

占い師Hisashiの占い講座109(成長の流れ、12室)

今回は成長の流れの12室です。

前回までの成長の流れは1室
の木星で周囲に祝福された形
で生まれ育ち、2室の天王星で変動
する収入を実力で乗り切り、3室の
海王星で相手の腹を読む感覚を
身に着け、4室の水瓶座で距離の
ある家庭を築き、5室の魚座で
ロマンスを夢見、6室の牡羊座で
ガッツで仕事を乗り越えます。

そして7室の月でパートナーから
女性の感覚を身に着け、8室の
金星からさらに女性の感性や
美意識までもパートナーから
学び、9室蟹座の水星・ドラゴンヘッド・
太陽から家庭でも職場でも大黒柱
としての自覚を持つようになります。

そして10室の獅子座で周囲の称賛
を浴びるような本当の心の満足に
到達出来ます。
さらに11室の乙女座で人生を
俯瞰的に振り返り、そこから
言葉を使った感性で俳句を趣味と
して新たな人間関係を作ることに
しました。

そうして12室へと至るのです。

最後の12室には土星と火星と
冥王星が入っています。

これはもしかすると、この方の
最も大切にする本当の生き方は
この12室に現われているのでは
ないかとも思えます。

この12室の前の11室で仕事を
離れ、人生を俯瞰して振り返った
ときに新たに沸き起こる創作や
新たな趣味などを通じて、新たな
人間関係を作りあげる方向で進んで
来ました。

12室は人生の総決算として、
いわば人生の総点検、人生の見直し
として、真に自分のやりたいこと
を実行する室です。

いわばもう人生を振り返りやり
残すことのないようにする室
であると言えます。

人は11室で老後をエンジョイした
後に、ふと人生を振り返り、
自分の人生は何だったのだろう。
そしてこの人生で最後にせめて
やれることはないかと考える
時があります。

これが12室の人生の店じまいの
感覚です。

この12室や11室の感覚は基本的に
普通に暮らしていてはあまり
感じることのない感覚だと
言えるでしょう。

やはり人は7、8、9、10室と
成功の階段を駆け上がるとき
を最も心の拠り所とするのですし、
その成功の階段を上っている間には
こうした11室の感覚や12室の感覚
まで至ることは出来ないのです。

自分が上ろう上ろうとしている時
には気付かなかったこの、人生
を振り返ってやり残したことは
ないかと思う感覚に浸された時に
真の自分の生まれた来た意味と、
そして人生の悟りのようなものに
向き合うことになるのです。

この例の方は自分が比較的に
周囲から祝福され、幸せな人生
を送り、そして一家の大黒柱と
しての人生を全うしたという
思い。

そこから人生を俯瞰して、自分の
人生がこれで良かったのか、そして
やり残したことは無いかと深く
考えるようになるのです。

その中で出て来るのは土星と火星
と冥王星です。
土星は父親の意志であり、冥王星は
先祖の意志でもあります。

となりますと、この方は人生を
終える時に改めて亡くなった父親
とご先祖様に感謝をして、自分の
お墓を火星である息子に引き継ぐ
ことを意図し始めるのです。

この時までは自分がお墓を引き継ぐ
こともそしてお墓を息子に引き継ぐ
事もあまり重視していなかった
かもしれません。

しかし、自分の人生を俯瞰して
考えた時に自分はあまりにも、
父親の意志から反した生き方を
していなかったか、そして
先祖を大事にしてなかったかと
反省するのです。

さらには息子にも自分の生きた
証を伝えていなかったのでは
なかったかと思うようになる
のです。

そして自分は先祖のお墓を引き継ぎ
それを息子に引き継ぐ、そのためには
どんなことでもする。

というようないわば人生の総決算
をすることになるのです。

ただ12室とはあくまでこの方の
場合はお墓を引き継ぐことで
あったかもしれませんが、人に
よっては自分の生きた証に壮大な
絵を描くことを決意することかも
しれませんし、最後のボランティア
活動をすることかもしれません。

たまたまこの例の方はお墓を引き継ぐ
ということであっただけで、必ず
しもお墓などのことに12室が限る
わけではありません。

そうして12室の冥王星火星土星の
流れでは、お墓を息子に引き継いだ
上で、最終的にはお墓のあるお寺で
ご住職に色々と死後のことなどを
聞いたり、そしてお寺で瞑想など
を行ったりして、自分の死と向かい
合うようになります。

そしていずれは死を向かえること
になるのです。

こうしてこの例の方は一生を終える
ことになるのです。

こうしたことが産まれた時の
ホロスコープには刻印をされているの
です。

もちろん具体的にはこうしたことを
そのままズバリ行うとは考えられず、
この一生をホロスコープから成長
の流れとして考えることは自分の
一生を俯瞰して眺めるということ
に寄与するだけであり、具体的には
このホロスコープで示された成長の
流れとは違うような出来事がかなり
起こるでしょう。

でありながらも人生を俯瞰して
見たときにはこうした生き方をやはり
していたのだと思えると思います。

ホロスコープとは人生の設計図です。
人生の成長の流れがそこには描かれて
いるのです。

ただこうした流れのなかで、自分なら
もっと大きなことをする。

12室を例えば自分ならお墓を引き継ぐ
なんてことではなく、真の悟りを得る
ために写経を毎日行うとか、占いで
自分の生き方を全うするのだ、とか
毎日神社にお参りして有意義な日々を
おくるのだとかいろいろなパターン
を想定してもいいのです。

ホロスコープの12室には星座と星
のみが記されているのみなので、
星座と星の使い方はどのように使って
も良いのです。

しかし、それはホロスコープをよく
知る方こそ使いこなせるのであり、
占いを知らない方こそがまさに
占い通りの生き方しか出来ないと
いうことになるのです。

ここで成長の流れは一旦終わりとなり
ます。

次回をお楽しみにしてください。

 

 

 

占い師Hisashiの占い講座108(成長の流れ、11室)

今回はホロスコープの成長の流れ
として11室を挙げます。

例の方は1室の木星で周囲に
祝福されて生まれ育ち、2室の
天王星で自分の能力で収入の
決まる職場に働き、3室の海王星
で人の腹を探るコミュのニケーション
を身に着け、4室の水瓶座で距離を
置いた関係の家庭を作ります。
そして5室の魚座でロマンチックな
恋愛経験を思い出し、6室の牡羊座
でガッツで働く仕事スタイルを日常
とします。

ここからは成功の階段を上ります。
7室の月でパートナーの奥様から、
女性的な感性を学び、8室の金星
より女性的な視点が自分の武器
だと気付きます。
そして9室の蟹座の水星、ドラゴン
ヘッド、太陽より、家庭で大黒柱
となり、職場で責任者となること
が自分の生きる道と再確認します。
さらに10室の獅子座で名実ともに
責任者としてふさわしい実績を上げ、
家族にも祝福され、真に生まれて
きた喜びに満ち溢れることに
なります。

ようやく成功の階段を上り終えた
例の人ですが、この10室で成功
を経験するとやがて一抹の寂しさ
を感じるのです。

今まで俺はこうして、家庭にも
仕事場にも喜ばれる生き方を
してきた。

そして成果を上げて来た、それは
喜ばしいことではないか。

でもでも本当はもっと違う人生が
あったのではないか。

もっと別な生き方があったのでは
ないか。

そのように考える時が来るのです。
普通の会社員の方なら、それは定年
になったときだと言えるのです。

中には会社を途中で早期退職をして、
第二の人生を生きる方もいると
思います。

いずれにせよどんなに成功をした
方でもこの第二の人生は来るの
ですし、その時にもっと違う人生
やもっと別な生き方を模索するのです。

これは10室までの成功の階段を
上った方なら誰でもたどり着く
境地ですし、もし10室を周囲
に投射した方なら、その投射
された方(パートナーや子供
など)がやがてはたどり着く
境地だと言えるのです。

これは10室体験をした方なら
非常に自然に11室へと向かうの
です。

もし自分に11室に相当する
ことが起きなかったとしたら、
それは成功の階段を上って、
10室へと至っていないということ
が言えると思います。

その意味ではまだ若い方にこの
11室の真の意義は理解できない
のではないかとは思います。

ただ若くして成功する方もいて、
そのような方が新たな道を模索
するときに11室のことを考える
ということはありうる話だと
思います。

この11室とは要するに、10室まで
成功に至る道を上った先に見える、
実は違う方法があったのでは?
違う道があったのでは?
違う生き方があったのでは?

という疑問です。
ここから新たな生き方を組み立てる
という室です。

これは10室の成功体験が元になる
場合が多いので、やはり10室の
成功体験を経た後でないと、真に
11室の生き方を目指すということに
はなりづらいと思います。

11室に至る中で、定年後に田舎暮らし
を始めるとしても、そこには10室
で培った仕事の成功や、それに伴う
資金の確保などがあってこそ、そう
した生き方を目指そうとするところ
があるのです。

もし生まれたところが違ったら、
もし若い頃に自分の始めた方向
が違っていたら、自分の人生は
どうなったのだろうか?という
疑問こそが11室体験の原動力
となるものです。

違う生き方があったのではないか
という疑問から、第二の人生を
目指したときに、違う生き方を
目指す。

そこに11室体験の基礎があるの
です。

たとえば会社の生活を終えて
第二の人生で田舎暮らしを望む
方は常に、この人生では無く
違う人生があったのではないかと
問いかけ、その答えが田舎暮らし
にあったというわけです。

その意味では11室は10室体験を
元にその反省などが含まれているので、
11室単体としてはあまり力の無い室
であるということも言えます。

これは丁度9室とも似ています。

9室とは1室から8室まで、特に7室、
8室の成功の階段を上る過程を経る
ことによって力を得る室だと言えます。
同様に11室はなによりも10室の
成功体験(これはかなり大きな体験です)
を経ることによって力を得る室だと
言えるのです。

その意味では11室は10室からの流れが
重要な室であると言えます。
つまり11室もまたホロスコープの成長
の流れの中の室であると言えます。

11室のみを1室から10室までの流れ
と切り離して考えるべきではないのです。

例の人は11室に乙女座が来ます。
9室の蟹座で一家の大黒柱になり、会社で
の責任者になった上で、10室で成果を上げ
て家族からも会社からも称賛される。

そうした体験があり、そこからそうした、
社会の称賛から一歩身を置き、定年後に
第二の人生を歩んだ例の人は、乙女座らしく
自分の人生の反省とまた自分の人生を
振り返り、自分の人生を自分史のようなもの
にまとめたくなります。

そうして自分で自分のことを言葉を通じて
まとめたときに、言葉に対する理解
を体験して、そこから新たに俳句を
学んでみたいと思うようになります。

そして俳句教室に通うようになり、
新たな仲間と俳句を通じた交流が
始まり、またインスタグラムで
自分の取った写真に添えた俳句を
投稿し、さらに新たなつながりが
出来てくるようになります。

11室でよく言われる、友達、サークル、
SNS、友人と言うキーワードは
こうした11室体験から導きだされる
ものです。

キーワードから入っては本質が
見えません。

11室は10室体験の反省から始まる
11室体験が本質です。

それはつまり、自分の人生はこれで
良かったのだろうか?そして違う
生き方がなかったのだろうか?と
いう反省から始まる11室体験
こそが11室の本質なのです。

例の人なら俳句と俳句に伴う
新たな人間関係が本質なのでは
なく、自分の人生をやり直そう
と自分史をまとめ、その時に
つかんだ言葉への興味。

そこに11室体験の本質がある
のです。

俳句の関係はその延長上にあるに
過ぎません。

さてそんな11室体験が済めば
やがて人生の本質に迫る、12室
体験が訪れるのです。

次回をお楽しみに。

占い師Hisashiの占い講座101(成長の流れ、1室、2室)

今回は西洋占星術の時間の考え方を
深めていきます。

西洋占星術では、過去、現在、未来を
丁寧にその流れをつかみ、その上で、
世の中の流れも現在、未来と流れを
つかみ、個人の時間の流れと、世の中の
流れをすり合わせて、立体的に時間の
中で個人の運気の種である出生のホロスコープ
を変容させていくというところに、
西洋占星術の時間の理解はあります。

と致しますと、時間の流れを司る、出生の
ホロスコープ、現在の流れをつかむ三重円、
そして未来の三重円のホロスコープで
時期をつかむという過去、現在、未来の
流れがあります。

 

このあたりの読み方については、三重円の
解説を参照していただきたいと思います。

さて一方で西洋占星術には、物事を
なすときに、何かを起こすときに、その
個人の持つ、成長の流れというものがあります。

実はこれは出生のホロスコープに刻印
されているのです。

実は私たちが何か物事をなすときには、
ホロスコープの星の配置に物事を進める
流れが刻印されているのです。

これはホロスコープの星の配置そのものに、
時間としての物事の流れが記されているのです。

この物事の流れとはつまりは1室から10室まで
の室の流れに時間の流れが刻印されていると
いうことです。

実は出生のホロスコープとは個人の
物事をするときのありがちな成長の流れ
という時間を表すものでもあるのです。

たとえば1室に木星がある方を考えましょう。
これは生まれたその時期に、周囲から祝福
され経済的にも豊かな環境で生まれ育つ方を
表します。

一般的にはこの1室の故に、このような方は
どの分野のどのような方向に進んだとしても、
成功の多い、周りに称賛されることの多い方
であると解釈されます。

ですがこの1室とはただ生まれついた運気を
表すだけではないのです。

たとえばこの例の方がある会社に入社したとき
には入社直後に職場の方より祝福を受け、
期待され、仕事を始めるというスタートの仕方
をするのです。

またこの方が2室に天王星があるとします。

この場合はこの方はお金の入り方、入れ方に
おいて不確定で自分の実力でしか、収入を上げる
ことの出来ない方であると普通は解釈します。

となりますと、この例の方は例えば不動産営業
のような低い基本給と不動産売買契約成功の
インセンティブにより、月々の頑張りや能力によって、
収入が変わるようなお金の稼ぎ方をするような方
であると言えます。

これは公務員の方のように月々固定的に給与を頂く
ような働き方は合っていない方であると言えます。
このような方はもし、公務員的に働こうとすると、
どうやってもうまくいかず、不動産営業などの方向
に進もうとすると、途端にうまく行くようになります。

もし無理に公務員的に働こうとすると、何らかのトラブル
があり、結局は不安定な収入の仕事をせざるを得なく
ます。

もちろんこの不安定な収入というのは決して悪いこと
だけではなく、インセンティブにより大きく
収入が上がる可能性があり、それを平均的にならす
ことが出来れば、つまりこれはアスペクトなどで、
2室の天王星の動きを土星や太陽、水星、月あたりで
コントロール出来るならば、でこぼこではあるが、
大きく入ることもある収入を管理し、フラットな
形に整えることが出来ます。

例えば固定給で25万円の収入のある公務員的な
仕事にはこのタイプの方は就くのは難しいですが、
固定給で月16万円でインセンティブで月に、
30万円から5万円の揺れ幅がある仕事ならば、
自分の才能を発揮しやすいと読めるのです。

この場合は3ヶ月に1月30万円、1月7万円、
1月5万円のようなインセンティブだったとしても、
それを3ヶ月で42万円にして、平均で月14万円
として、固定給の16万円と合わせて、月30万円
の生活が出来るということです。

これは理論的には可能だとしても、実はこうした
コントロールは難しいものがあります。

それはどうしても収入が多い月にお金を使う傾向
があることが普通だからです。

特に2室に天王星があるとこうしたお金をならす
コントロールは難しくなります。

2室の天王星に土星がアスペクトしている場合には、
このインセンティブを別の通帳に貯めておいて、
プールしておいて、そこから月に10万だけを使い、
あたかも月26万円の固定給をもらっているという
ように収入をコントロール出来るでしょう。

一方、天王星に太陽がアスペクトしている場合には
インセンティブの額を高めるべく、仕事に打ち込み、
常に意欲を高く持つことによって、月、2万円でも
インセンティブをさらに上げようとするでしょう。
そうなると収入が少ない時でも月23万円にはなり、
通常は25万円、多いときには月48万円にもなるので、
これはどうやっても、固定収入月25万円よりも
やっていけることとなります。

また天王星と水星がアスペクトしている場合ですと、
インセンティブの収入を毎月、足りない支払いに払い、
また必要のないところには出さないというような
コントロールをするので、携帯代金を安くするとか、
外食を中食にする、保険の見直しをする、車をハイブリッド
カーにしてランニングコストを下げるなど、かなりの
やりくりをした上でインセンティブを効果的に使うように
します。

天王星に月がアスペクトしている場合には、奥様に
お金の管理をしてもらい、インセンティブのでこぼこを
奥様に管理してもらうことによって平均的に収入を
ならしていきます。

このように2室の天王星は収入が不安定ではあるものの
管理を上手くすれば(うまく効果的な星のアスペクト
を使えば)、固定的な収入よりも高い収入と安定を
得ることが出来ます。

これは2室の解釈です。

ただ1室の木星で周囲に祝福されるような形で会社に
入社出来るような方でも、もしこの会社で実際に
仕事に就く場合にはこのような収入問題を抱える
ことになります。

それを一生の間の傾向とするのが普通の解釈ですが、
この例の方のように入社してすぐにこうした収入
の不安定さに悩まされることになると読むのが、
成長の流れとしての出生のホロスコープの
時間の読み方です。つまり1室から2室へと
成長の流れとして時間は流れるのです。

もちろん成長の流れとして2室天王星を読んだ場合
には先ほどのようにアスペクトまで考えて、成長の
流れを読む必要があります。

話が長くなりました。

続きはまた次回に

占い師Hisashiの占い講座100(西洋占星術・タロットカード占い 時間の流れ)

前回まででタロットカード占いの基本と
なるべき、3枚カードの時間の流れを
掴む占いについて解説しました。

タロットカード占いの基本はこの時間
の流れを掴む、3枚カード占いなので、
この3枚カード占いを完璧なものとすれば、
どんなタロットカード占いも出来るのです。

その意味ではタロットカード占いの流れを掴む
ということは要するにこの3枚カードの占い
の時間の流れを掴むということであるとも
言えるのです。

その意味ではタロットカード占いについては、
基本的なことはほぼ解説出来てはいます。

もちろん応用的なことは色々とありますし、
カード自体の解説などもありますが、一応
はタロットカード占いの解説については、
ここで区切りとなるでしょう。

さてこの時間についてなのですが、実はこの
時間という概念は西洋占星術でも重要な役目
があります。

この時間に関する感覚をマスターするならば、
西洋占星術に関する理解もさらに深まる
のです。

西洋占星術で時間という概念を一番感じ
られるのはやはり三重円です。

三重円には個人の生まれてから、成長して
いく過程が彩られています。

まずは物事の基本となるべき出生円、これは
過去と考えると良いでしょう。

そうして、その出生円から年齢に合わせて星
を動かした図、これが進行円で、これは
自分自身の現在の姿と言えます。

さらに現時点での星のポジションである、
トランジット図、これは世の中の現在の姿
と言えます。

ですから三重円で現在時点を表示したときの
出生円は過去、進行円とトランジット円は
個人の現在、世の中の現在を表しています。

そうして三重円で、自分が知りたい時点の未来
の図を出した時には、やはり出生円は過去、
そして進行円は個人の未来、トランジット円
は世の中の未来を表すのです。

この点につき、タロットカード占いと違う点があります。

タロットカードの過去、現在、未来はあくまで、
そのテーマとすることがらについての過去、
現在、未来を指し示すものです。

たとえば恋愛運の場合はあくまで、対象となる
その方の恋愛運という絞った運気に対する、
過去、現在、未来を指し示すものです。

しかし、西洋占星術の場合は、恋愛運であろうと、
仕事運であろうと、おなじホロスコープを使い
ます。

そうして三重円で個人の過去である出生の図
と個人の現在である、進行図、世の中の現在
であるトランジット図を見て、その後に未来の
三重円の出生図、進行図、トランジット図
を見るというわけです。

そして三重円より、恋愛運、仕事運などを自分で割り出す
というわけです。

こう書いてくると、タロットカード占いの方
がより実践的であるということが分かるでしょう。

タロットカード占いの場合は時間については、
その占いのテーマにつき、過去、現在、未来と
並べていくのです。

一方、西洋占星術の場合はあくまでその個人につき、
個人の過去、現在を割り出し、そこに世の中の
現在も割り出し、さらに個人につき、個人の過去、
未来、世の中の未来を割り出し、そこからそれぞれ
のテーマにつき、その出た三重円をテーマにふさわしい
形に解釈をしていくという形です。

西洋占星術はかなり時間に対して厳密に解釈して
おり、解読する占い師の力量によって、解釈も
大きく変わっていくというところがあります。

西洋占星術の方がより難解で解読するにはそれなりの
技術が必要であることが分かると思います。

ただ西洋占星術の方がかなり厳密ではあります。

というのも西洋占星術の考え方には現在であっても、
未来であってもトランジット図というものがあります。

それは現在と未来についての世の中の動きを
追ったものです。

この世の中の動きという側面をより厳密に見るのが、
西洋占星術だと言えます。

西洋占星術には個人が運を動かすときには、
必ず世の中の動きとの調和を考えるのです。

つまり個人が何かをなすためには、世の中の動きに
即した動きをしないと何も始まらないという
考えがそこにはあるのだと言えるでしょう。

時間を考えるときにも、個人の時間と世の中の時間
を分けて調和をはかるという西洋占星術の考え方に
はかなり厳密なものがあり、またそこに奥深さが
あると言えます。

また占いのテーマを中心としてそこから、
時間を割り出すタロットカード占いには、
とにかく必要なことについての回答を求める
という姿勢が感じられますし、あくまで個人と
しての運気を割り出した上でそこから、自分で
テーマを読み解くという西洋占星術には、
厳密ではありますが、かなり難解であることが
感じられるでしょう。

西洋占星術の時間の考え方はやはり、植物の
種が過去で現在が木で未来が果実のような、
成長過程をしっかりと考えて解釈する必要が
あると言えるでしょう。

長くなりました、次回も続きを書きます。