ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

占い師Hisashiの占い講座101(成長の流れ、2室天王星)

今回は西洋占星術の時間の考え方を
深めていきます。

西洋占星術では、過去、現在、未来を
丁寧にその流れをつかみ、その上で、
世の中の流れも現在、未来と流れを
つかみ、個人の時間の流れと、世の中の
流れをすり合わせて、立体的に時間の
中で個人の運気の種である出生のホロスコープ
を変容させていくというところに、
西洋占星術の時間の理解はあります。

と致しますと、時間の流れを司る、出生の
ホロスコープ、現在の流れをつかむ三重円、
そして未来の三重円のホロスコープで
時期をつかむという過去、現在、未来の
流れがあります。

 

このあたりの読み方については、三重円の
解説を参照していただきたいと思います。

さて一方で西洋占星術には、物事を
なすときに、何かを起こすときに、その
個人の持つ、成長の流れというものがあります。

実はこれは出生のホロスコープに刻印
されているのです。

実は私たちが何か物事をなすときには、
ホロスコープの星の配置に物事を進める
流れが刻印されているのです。

これはホロスコープの星の配置そのものに、
時間としての物事の流れが記されているのです。

この物事の流れとはつまりは1室から10室まで
の室の流れに時間の流れが刻印されていると
いうことです。

実は出生のホロスコープとは個人の
物事をするときのありがちな成長の流れ
という時間を表すものでもあるのです。

たとえば1室に木星がある方を考えましょう。
これは生まれたその時期に、周囲から祝福
され経済的にも豊かな環境で生まれ育つ方を
表します。

一般的にはこの1室の故に、このような方は
どの分野のどのような方向に進んだとしても、
成功の多い、周りに称賛されることの多い方
であると解釈されます。

ですがこの1室とはただ生まれついた運気を
表すだけではないのです。

たとえばこの例の方がある会社に入社したとき
には入社直後に職場の方より祝福を受け、
期待され、仕事を始めるというスタートの仕方
をするのです。

またこの方が2室に天王星があるとします。

この場合はこの方はお金の入り方、入れ方に
おいて不確定で自分の実力でしか、収入を上げる
ことの出来ない方であると普通は解釈します。

となりますと、この例の方は例えば不動産営業
のような低い基本給と不動産売買契約成功の
インセンティブにより、月々の頑張りや能力によって、
収入が変わるようなお金の稼ぎ方をするような方
であると言えます。

これは公務員の方のように月々固定的に給与を頂く
ような働き方は合っていない方であると言えます。
このような方はもし、公務員的に働こうとすると、
どうやってもうまくいかず、不動産営業などの方向
に進もうとすると、途端にうまく行くようになります。

もし無理に公務員的に働こうとすると、何らかのトラブル
があり、結局は不安定な収入の仕事をせざるを得なく
ます。

もちろんこの不安定な収入というのは決して悪いこと
だけではなく、インセンティブにより大きく
収入が上がる可能性があり、それを平均的にならす
ことが出来れば、つまりこれはアスペクトなどで、
2室の天王星の動きを土星や太陽、水星、月あたりで
コントロール出来るならば、でこぼこではあるが、
大きく入ることもある収入を管理し、フラットな
形に整えることが出来ます。

例えば固定給で25万円の収入のある公務員的な
仕事にはこのタイプの方は就くのは難しいですが、
固定給で月16万円でインセンティブで月に、
30万円から5万円の揺れ幅がある仕事ならば、
自分の才能を発揮しやすいと読めるのです。

この場合は3ヶ月に1月30万円、1月7万円、
1月5万円のようなインセンティブだったとしても、
それを3ヶ月で42万円にして、平均で月14万円
として、固定給の16万円と合わせて、月30万円
の生活が出来るということです。

これは理論的には可能だとしても、実はこうした
コントロールは難しいものがあります。

それはどうしても収入が多い月にお金を使う傾向
があることが普通だからです。

特に2室に天王星があるとこうしたお金をならす
コントロールは難しくなります。

2室の天王星に土星がアスペクトしている場合には、
このインセンティブを別の通帳に貯めておいて、
プールしておいて、そこから月に10万だけを使い、
あたかも月26万円の固定給をもらっているという
ように収入をコントロール出来るでしょう。

一方、天王星に太陽がアスペクトしている場合には
インセンティブの額を高めるべく、仕事に打ち込み、
常に意欲を高く持つことによって、月、2万円でも
インセンティブをさらに上げようとするでしょう。
そうなると収入が少ない時でも月23万円にはなり、
通常は25万円、多いときには月48万円にもなるので、
これはどうやっても、固定収入月25万円よりも
やっていけることとなります。

また天王星と水星がアスペクトしている場合ですと、
インセンティブの収入を毎月、足りない支払いに払い、
また必要のないところには出さないというような
コントロールをするので、携帯代金を安くするとか、
外食を中食にする、保険の見直しをする、車をハイブリッド
カーにしてランニングコストを下げるなど、かなりの
やりくりをした上でインセンティブを効果的に使うように
します。

天王星に月がアスペクトしている場合には、奥様に
お金の管理をしてもらい、インセンティブのでこぼこを
奥様に管理してもらうことによって平均的に収入を
ならしていきます。

このように2室の天王星は収入が不安定ではあるものの
管理を上手くすれば(うまく効果的な星のアスペクト
を使えば)、固定的な収入よりも高い収入と安定を
得ることが出来ます。

これは2室の解釈です。

ただ1室の木星で周囲に祝福されるような形で会社に
入社出来るような方でも、もしこの会社で実際に
仕事に就く場合にはこのような収入問題を抱える
ことになります。

それを一生の間の傾向とするのが普通の解釈ですが、
この例の方のように入社してすぐにこうした収入
の不安定さに悩まされることになると読むのが、
成長の流れとしての出生のホロスコープの
時間の読み方です。つまり1室から2室へと
成長の流れとして時間は流れるのです。

もちろん成長の流れとして2室天王星を読んだ場合
には先ほどのようにアスペクトまで考えて、成長の
流れを読む必要があります。

話が長くなりました。

続きはまた次回に

占い師Hisashiの占い講座100(西洋占星術・タロットカード占い 時間の流れ)

前回まででタロットカード占いの基本と
なるべき、3枚カードの時間の流れを
掴む占いについて解説しました。

タロットカード占いの基本はこの時間
の流れを掴む、3枚カード占いなので、
この3枚カード占いを完璧なものとすれば、
どんなタロットカード占いも出来るのです。

その意味ではタロットカード占いの流れを掴む
ということは要するにこの3枚カードの占い
の時間の流れを掴むということであるとも
言えるのです。

その意味ではタロットカード占いについては、
基本的なことはほぼ解説出来てはいます。

もちろん応用的なことは色々とありますし、
カード自体の解説などもありますが、一応
はタロットカード占いの解説については、
ここで区切りとなるでしょう。

さてこの時間についてなのですが、実はこの
時間という概念は西洋占星術でも重要な役目
があります。

この時間に関する感覚をマスターするならば、
西洋占星術に関する理解もさらに深まる
のです。

西洋占星術で時間という概念を一番感じ
られるのはやはり三重円です。

三重円には個人の生まれてから、成長して
いく過程が彩られています。

まずは物事の基本となるべき出生円、これは
過去と考えると良いでしょう。

そうして、その出生円から年齢に合わせて星
を動かした図、これが進行円で、これは
自分自身の現在の姿と言えます。

さらに現時点での星のポジションである、
トランジット図、これは世の中の現在の姿
と言えます。

ですから三重円で現在時点を表示したときの
出生円は過去、進行円とトランジット円は
個人の現在、世の中の現在を表しています。

そうして三重円で、自分が知りたい時点の未来
の図を出した時には、やはり出生円は過去、
そして進行円は個人の未来、トランジット円
は世の中の未来を表すのです。

この点につき、タロットカード占いと違う点があります。

タロットカードの過去、現在、未来はあくまで、
そのテーマとすることがらについての過去、
現在、未来を指し示すものです。

たとえば恋愛運の場合はあくまで、対象となる
その方の恋愛運という絞った運気に対する、
過去、現在、未来を指し示すものです。

しかし、西洋占星術の場合は、恋愛運であろうと、
仕事運であろうと、おなじホロスコープを使い
ます。

そうして三重円で個人の過去である出生の図
と個人の現在である、進行図、世の中の現在
であるトランジット図を見て、その後に未来の
三重円の出生図、進行図、トランジット図
を見るというわけです。

そして三重円より、恋愛運、仕事運などを自分で割り出す
というわけです。

こう書いてくると、タロットカード占いの方
がより実践的であるということが分かるでしょう。

タロットカード占いの場合は時間については、
その占いのテーマにつき、過去、現在、未来と
並べていくのです。

一方、西洋占星術の場合はあくまでその個人につき、
個人の過去、現在を割り出し、そこに世の中の
現在も割り出し、さらに個人につき、個人の過去、
未来、世の中の未来を割り出し、そこからそれぞれ
のテーマにつき、その出た三重円をテーマにふさわしい
形に解釈をしていくという形です。

西洋占星術はかなり時間に対して厳密に解釈して
おり、解読する占い師の力量によって、解釈も
大きく変わっていくというところがあります。

西洋占星術の方がより難解で解読するにはそれなりの
技術が必要であることが分かると思います。

ただ西洋占星術の方がかなり厳密ではあります。

というのも西洋占星術の考え方には現在であっても、
未来であってもトランジット図というものがあります。

それは現在と未来についての世の中の動きを
追ったものです。

この世の中の動きという側面をより厳密に見るのが、
西洋占星術だと言えます。

西洋占星術には個人が運を動かすときには、
必ず世の中の動きとの調和を考えるのです。

つまり個人が何かをなすためには、世の中の動きに
即した動きをしないと何も始まらないという
考えがそこにはあるのだと言えるでしょう。

時間を考えるときにも、個人の時間と世の中の時間
を分けて調和をはかるという西洋占星術の考え方に
はかなり厳密なものがあり、またそこに奥深さが
あると言えます。

また占いのテーマを中心としてそこから、
時間を割り出すタロットカード占いには、
とにかく必要なことについての回答を求める
という姿勢が感じられますし、あくまで個人と
しての運気を割り出した上でそこから、自分で
テーマを読み解くという西洋占星術には、
厳密ではありますが、かなり難解であることが
感じられるでしょう。

西洋占星術の時間の考え方はやはり、植物の
種が過去で現在が木で未来が果実のような、
成長過程をしっかりと考えて解釈する必要が
あると言えるでしょう。

長くなりました、次回も続きを書きます。

占い師Hisashiの占い講座99(タロットカードと時間)

今回はタロットカードと時間の関係について
書いて行きます。

タロットカードには時間の把握というもの
が必要です。

これはどういうことかと申しますと、
タロットカード占いをするときには、
スプレッドと言いまして、決まった
やり方でタロットカードを並べて
行くのですが、このスプレッドの
基本となるのが、時間経過を表す
スプレッドです。

この基本となるスプレッドは、つまりは
過去を左に現在を中央に未来を右に
タロットカードを並べ行くスプレッドです。

タロットカードの基本中の基本は1枚カード
引きです。
悩みや困難に対して本当に大事なこと
をスッキリと1枚のカードで表してくれる
のがこの1枚引きです。

しかしこの1枚引きではまだスプレッド
と言えないのです。

スプレッドと言えるためには基本と
してこの過去、現在、未来を並べる
スプレッドが一番重要なのです。

実は沢山あるスプレッドも元を
ただせばこの過去、現在、未来の
スプレッドの応用に過ぎないの
です。

つまりはこの過去、現在、未来
のスプレッドをいかにうまく
使いこなせるかが、タロットカード
占いの基本となるのです。

この過去、現在、未来のスプレッド
を語る上でも、またこのスプレッド
の応用である、その他の沢山ある
スプレッドを語る上でも、重要
となるのが、時間の考え方です。

実はタロットカード占いにおいては
時間とは運勢を表すものなのです。

過去、現在、未来のスプレッドを
展開したときの読み方です。

具体的に見て行きましょう。

年齢35歳で奥さんと子供(兄と妹)
がいて、ネット関連会社で働いて
本業が充実しているが、いずれ
独立して、新たな会社を立ち上げ
たいと思っている方です。

この問いかけに対して過去、現在、
未来の3枚カードのスプレッドで
展開してみました。

 

過去ではソード9が出ました。
現在では戦車のカードがでました。
未来ではワンド2のカードがでました。

これを読んでいきます。

ソード9はライダー版では不安で
押しつぶされそうになっている
人物が描かれています。

ただ私はマルセイユ版で占っています
ので、ライダー版の絵柄はあまり
考えないで良いでしょう。

過去のソード9はソードの知的さや
知性が9の総合力として、読める
ので、この人はつまり自分のネット
関連の技術で今の会社を切り盛り
してきたのだと解釈出来ます。

次に現在の戦車のカードです。
戦車のカードは何事も挑戦、チャレンジ
というところがありますので、
これからの可能性に賭けてみるのも
良いのでは?
という意味にとらえられます。

最後に未来のワンド2のカードです。

このカードもライダー版では地球儀
を手に入れて何もかも成し遂げた人物
が描かれておりますが、ここも
絵柄よりはシンボルと数字から読み取ります。

ワンドは創造力、発想力を表すカード
です。
2はそれが裏側の可能性も考えた方が良い
ということを表します。
つまりは単に創造力、発想力だけを重視
するのではなく、裏側のお金的なこと
も考える必要があるということを表し
ます。

つまりは独立する際には単に意欲や気持ち
だけでなく、経済的な裏付けも
必要であるということを表します。
それはすなわち本業の方もおろそかに
してはならないということです。

 

ここから分かることは
つまり過去のネット技術を駆使
して来たという流れから、現在の
それでは新たな副業にチャレンジ
してみては?という流れの
中で未来において、実際に副業
に行く際にも自分の創造力と
本業も大切であるという
判断に行くという結論に至る
という一連の話の流れです。

これは決して過去が技術、現在が
チャレンジ、未来が本業も大切と
いうように点で読んではいけない
のです。

そうではなく、過去の技術の流れ
が現在のチャレンジにも影響をし、
その過去の技術と現在のチャレンジ
がさらに未来の本業も大事という
ことにも影響を与えるというように
線でみていくことが大事なのです。

これはつまり、現在自分が副業に
チャレンジ出来るのは過去に
ネットの技術を駆使して仕事を
して来たという、技術の蓄積が
あるからで、これがそうした技術の
蓄積が無ければ、副業へのチャレンジも
無謀な行動になってしまいます。

タロットが今、副業にチャレンジした
方が良いと言っているのは、あくまで
過去の技術の蓄積があるからです。

その意味では現在のカードの戦車の
カードは単体で意味を読むのでは
ありません。

あくまで過去のソード9のカード
の意味との関連性で読んでいく
のです。

よくタロットカード占いで過去の
カードにどんな役割があるので
しょうかという方がいらっしゃいます。

中には過去のカードは依頼された
お客様のことを過去のカードであてて
信頼を得るためにあるのだという
占い師の方もいます。

しかし、過去のカードはかなり重要
で質問の答えの大半はこの過去の
カードがカギを握っているのです。

この過去のカードつまり例では
ソード9のカードがキーです。

つまり例の男性は、もともと過去に
ネットの技術の蓄積があるという
ことがほぼ現在チャレンジした方が
良いという戦車のカードの裏付け
になっているのです。

つまりこれはネットの技術の裏付けが
あるからこそのチャレンジとなるわけで、
その技術の裏付けのないままのチャレンジ
となるとそれは無謀となります。

ですからもしも過去がカップ3のカード
でしたらその場合は人間関係での人脈と
いうことに長けている方なので、副業も
人脈を活かしたものになるはずです。

例の方の場合はソード9なのであくまで、
ネットの技術を活かした上でチャレンジ
した方が良いとなるのです。

そして未来はその上での、そうは言っても
成功していくには経済的な裏付けも必要
だよと読めるのです。

これはつまり副業のチャレンジをして
行くにも本業の経済的な裏付けも重要
であると読めるのです。

これはつまりは元々ネットの技術の裏付け
がある依頼人が今はチャレンジのときで、
あるとしても軌道に乗るまでは本業も
重視していくべきと読めるのです。

つまり過去に質問の答えのキーがあり、
現在は過去のキーを活かして読み解き、
未来はその現在の読みに未来の注意点
として追加の判断をする。

そうした過去から未来における一連
の時を流れでみて、相互に関連づけて、
点ではなく線として読む。

そのような時間の流れの中でタロット
カードの解釈をするのが基本です。

その意味ではこの過去、現在、未来
の3枚カードの占いが時間とタロット
カードの基本を学ぶのに最適な占い
といえます。

これを応用してもっと多くのカード
を使うこともありますが、この過去、
現在、未来の3枚カードの占いを
を正確に読めれば、応用は自然に
出来ます。

この時間の流れをつかむ3枚カードの
占いは1枚カードの占いと並ぶ、基本
の基本ともいえる占いです。

この基本が出来ているか出来ていないかが
タロットカード占いの実力に直結するのです。

次回も続きを書きます

 

占い師Hisashiの占い講座98(再び流れを掴むタロットカード占い)

前回までで西洋占星術の三重円の読み方は
ほぼ書き尽くしました。

西洋占星術で三重円が読めるということは
とりもなおさず、ホロスコープをほぼ
全面的に読めるということです。

となるとそれは単に生まれた状態の種の
ホロスコープだけではなく、進行図
の成長のホロスコープとトランジット図の
時節のホロスコープを総合して読める
ということです。

そうすると生まれたときの自分の個性から、
成長し、時を得ることによって、
現時点での無意識のルールがほぼ解明
されているはずなのです。

こうして無意識のルールを西洋占星術から
活用することによって、自分の運勢を常に
追い風が来るように進めることが出来ます。

これがつまりは西洋占星術の持つ力で
あるということです。

常に自分の無意識のルールに従った
行動をとることで、運勢の追い風に乗って
行けば、ほぼどんなことでも乗り越え
られるでしょう。

しかし、であるからこそ、実は具体的な
問題に関しての解決策というものが
必要となるときがあります。

つまりそれは運勢の流れを掴むということ
です。

たとえばどんなに追い風を受けて、自転車
をこいでいたとしても、やはり道を間違え
れば時間のロスになりますし、岩が邪魔を
していれば、道を進むことは出来ません。

つまり西洋占星術で無意識のルール
を掴み活用した段階でこそ、むしろ運勢の
流れを掴むタロットカード占いを活用し、
現実社会の荒波を乗りこなすことが重要
になるのです。

ことここにいたり、改めてタロットカード
占いの重要性がクローズアップされます。

現実社会の荒波を乗りこなすには、
西洋占星術で無意識のルールを活用し、
常に自分が運勢の追い風を受けている状態
でありながら、なおかつ、タロットカード
占いで運勢の流れを掴み、運勢というもの
を完全に自分のものにする必要があります。

たとえば、自分が起業するときには、自分の
個性を掴み、得意な分野を割り出し、ふさわしい
時を割り出すことが必要です。
こうしたことには無意識のルールを活用する
西洋占星術が得意とすることです。

しかし、起業をすることはそう簡単では
ありません。
どんな人間関係から、ルートをつくるのか
どんな顧客にどんな提案をしていくのか、
どんな金融機関からどんな融資を受けるのか、
そして具体的にその週ごとにどんな現実的な
運営の対策を練るのか。
そうしたことには運勢の流れをつかむ、
タロットカード占いが最適な答えを導き
出せるのです。

そのうえで当然、起業に関しての
法律的なことや、経済的なこと、そして現実の
行動方針などは、これは起業の仕方の
マニュアルや具体的なビジネスパートナー
や自分の経験、ノウハウなどを駆使するべき
なのです。

つまり現実具体的なやり方・方法と、運勢の
流れを掴むタロットカード占いと無意識の
ルールを活用する西洋占星術をうまく使い
こなしたときにこそ、現実社会での成功
という結果に至るのです。

もし占いということをしなければ、単に
現実具体的なやり方・方法のみで行動すること
になり、普通の人はそのように行動して
いることでしょう。

しかし、西洋占星術を使えば、自分の本来的
な個性やその活かし方やいつ動くかのタイミング
を掴むことが出来、運勢の追い風にのることが
出来るのです。

そのうえでタロットカード占いを使えば、ありと
あらゆる問題に対して一定のアドバイスを得る
ことができ、運勢の流れをつかむことが出来るの
です。

ですから西洋占星術をタロットカード占いを利用
する人としない人の違いは歴然としています。

西洋占星術の使い方は三重円の読み方を
学ぶことで、ひとまず基本をマスターしたと
言っても良いでしょう。

ここからはタロットカード占いで、具体的な流れ
を掴むという読み方を学ぶ必要があります。

それでこそ社会の荒波を乗りこなすことが出来るの
です。

さてタロットカード占いで運勢の流れを掴むうえで
避けて通れない命題があります。

それは時間に関する認識です。

タロットカード占いには常に時間の認識という
問題があるのです。

ある物事がうまく行く、うまく行かないということ
をよく理解するためにはこの時間に関する
考え方というテーマが問題になります。

西洋占星術では、それは出生のホロスコープ、
進行のホロスコープ、トランジットの
ホロスコープを組み合わせた、三重円という
ホロスコープがすなわち時間を表すものと
なっています。

一方のタロットカード占いには、ほとんど
時間に関する認識というものが解釈の
基本となっているのです。

タロットカード占いを使い、運勢の流れを
掴むということはすなわち、時間の認識
をしっかりとつかむということが基本となる
のです。

しかしこのタロットカード占いでの時間の
認識はかなり大きなテーマでして、ここを
理解しているか、理解していないかで、
タロットカード占いの使い方は大きく
異なってきます。

つまりタロットカード占いにおける
時間の認識はタロットカード占いに
おける一大テーマになっているのです。

ですからここについては、次回に
しっかりとした解説を致したいと
思います。

次回をご期待ください。

占い師Hisashiの占い講座97(三重円の読み方の基本)

前回は三重円のアスペクトを見るときは、
合(コンジャンクション)とTースクエア
にアスペクトをして、グランドクロスに
なる場合とグランドセクスタイルが形成
する場合に「絞る」ことが重要であると
書きました。

今回は三重円のアスペクトで合のみに
絞ったとして、どのように解釈を
するかということについて、書いて行きます。

三重円を見る場合に必要なことは
とにかく出生図に戻るということです。

これは出生図が種で進行図が成長の
過程で、トランジット図が季節の変化
という視点があると分かりやすいでしょう。

つまりはどんなにトランジット図で
重要な星が合になっても、それは
種としての植物に季節の変化を与えて
いるに過ぎないのです。

つまりはどんなに豊作の秋が来たとしても、
もともとコシヒカリであったのか、それとも
はえぬきであったかの方が重要なのです。

もちろん不作の秋には良いお米は出来ません。
ですからトランジットにも意味はあるのですが、
人は生まれたときの品種を超えることは出来
ないのです。

ですがもちろんはえぬきであっても、うまく育ち
(進行図)、豊作の秋(トランジット図)を
迎えれば、それは美味しいお米になるでしょう。

その意味では進行図とトランジット図もやはり
重要ではあります。

しかし話を戻しますと、出生図に戻る
ということがいかに重要であるかという
ことです。

それはつまりは自分がどんな植物で
あって、その個性をどう生かしたら良いのか
という答えがそこにあるからです。

そしてその個性を生かすための成長の
過程となるのが進行図の合ということなの
です。

そして自分と言う植物に恵の秋と言う
季節の変化を示すのがトランジット図の
合ということなのです。

 

これは例えば太陽と木星と水星、金星が蠍座の合の
人がいたとします。

この人の場合は土星と冥王星が天秤座です。

となりますと基本的な性格は太陽と木星と
金星と水星が蠍座の合ですからこれはとても
愛情が深く、極めて優しい性格の人であると
言えます。

たとえばこの例の人は女性だとしますと、
この人が26歳ぐらいになりますと進行の
土星と冥王星が合になります。

おそらくはこの時期には親しい家族に何事
かが起こるかもしれませんんし、それは自分が
社会で受ける苦しさかもしれません。

とにかく極めて苦しいことが起こるでしょう。

それが故にこの人は暗く陰鬱な性格になって
しまうのです。

しかしこの人の本来的な人格は優しく愛情が深い
というところにあります。

ですからこの時期から暗く陰鬱なところが出て
きたからといっても、本来的な優しく愛情が
深いところは変わらないのです。

それが証拠にこの人が12年に一度来る蠍座
の木星の年にはこの人の個性である、優しく
愛情深いところが、前面に出るのです。

このことから分かる通り、出生図は種です。

太陽と木星と水星、金星の蠍座の合という
愛情深くて優しい人格が種です。

この太陽や木星に進行の土星、冥王星が合と
してアスペクトをしたときから、暗く陰鬱な
カラーも宿すのです。

それは単に暗く成って悪くなったという単純な
ものではありません。

進行の合で新たなトーンが加わるのは成長
の過程です。

たとえ暗く陰鬱であったとしても、この
人にとってはそれは成長の過程でして、
それは人としての成長なのです。

暗く陰鬱に見えても、本質の優しく愛情
深いところは変わりませんし、暗く陰鬱
なところはむしろ人間的な深みと言っても
良いかもしれません。

子供のただ優しいだけの感性ではなく、大人の
深い悲しみをしる深みのある人格に
なったのです。

ですが季節として、蠍座の木星の時期には
本来的な優しく愛情深いところが見え隠れ
するのです。

しかし、このような成長の過程にしても、
季節の変化にしても、やはり大事なのは
基本の種としての人格。出生図なのです。

これを単に進行図で土星、冥王星が来るので
注意しましょうとか、トランジットの木星で
12年に一度の大幸運期が来ますと見る
のは少々浅い見方です。

あくまで出生図のこのような人格に対して、
進行で土星、冥王星が来るので、たとえ
辛く苦しく陰鬱になったとしても、それは
成長の過程としてとらえ、むしろ人間的な
深みがでるのですよと心しておくこと。

そしてトランジットの木星で、本来的な
自分の良い部分の愛情深いところを
再認識する年となりそうですとそういう
読みが出来るのです。

つまり三重円と言っても本質的には
出生図が自分の基本を握っていると
いうことを忘れないようにしましょう。

そのうえで三重円のアスペクトはこの
例のように合に「絞る」ことこれが
大切です。

こうした理解さえあれば、あとは実際の
依頼者に合わせて、応用していくのみ
です。

三重円が読めないのはこうした理解に
欠けているからなのです。

次回はまた別のことを書きます。

お楽しみに。