占い師Hisashiの占い講座78(Tスクエアの解説)

今回も複合アスペクトについてです。

前回はグランドクロスでした。
今回はTスクエアです。
Tスクエアと言う複合アスペクトは、
極めてグランドクロスに近い
複合アスペクトです。

このTスクエアはグランドクロスの
4つのスクエアのうち、一つが星が
欠けていて、残り3つの星が、スクエア
で結ばれている複合アスペクトです。

つまりはある星に対してスクエアで
一つの星が入り、その星に対して
さらにスクエアになります。
そして最初の星と最後の星はオポジション
になると言うわけです。オポジションの
中間点にスクエアの星が入ると見ても
良いです。

さてこのTスクエアはグランドクロス
と比べると明らかに偏っています。
となるとグランドクロスよりは
バランスが取れていなく、偏りの
傾向を探る必要があります。

この場合の偏りはオポジションの間の
中間点となるスクエアの星です。
その星はかなり強調された複合アスペクト
だと言えるでしょう。

例えば獅子座の15度木星と水瓶座15度太陽の間
に蠍座15度の月がスクエアで入る、Tスクエア
の女性の場合を考えてみましょう。

この例の女性の場合は結婚相手を選ぶパーティーに
行くときは、まず獅子座と水瓶座で自分
を押し出して、かつよく観察すると言う
ことに注意します。
するとこれはかなりブランド志向の
エグゼクティブを狙うパーティーで(木星)
しかもその中でもかなり引き気味に
自分を演出していきます(太陽)。

美しく自分を着飾って、自分の好きな
タイプの男性ではなく自分に言い寄って
来るタイプを選ぶと言う姿勢です。
この獅子座木星と水瓶座太陽のオポジションなら
それだけです。
しかしここに蠍座の月のスクエアが入り
Tスクエアになるとドラマが始まります。
単にエグゼクティブパーティーでお高く
とまっているだけだあったのが、蠍座月
でこれは単なるパーティーでなく、
バスツアーに参加すると言うイメージに
なります。

一つのバスでの一体感から、真に自分
の必要とする男性をあぶりだすこと
が出来るようになります。
この洞察力は蠍座の月のなせる業でしょう。
もちろんバスツアー自体が蠍座の
表す事柄です。

つまりこのTスクエアは単なるオポジション
と比べるとスクエアが入って来るとき
に新たな展開やドラマがあると言うこと
です。
その意味ではこのTスクエアの焦点
となるのは中間のスクエアの部分でしょう。

この中間点にドラマの要素があると考えられます。
ですからTスクエアをしっかりと使うためには
この中間点をどう利用するかにかかって
います。

先ほどの例ですと、バスツアーにしても
自分にピッタリのバスツアーがあるはずで、
それを選ぶのが先決です。
また蠍座ならではの男を見きわめる眼力
と言うものも必要になります。

水瓶座太陽の自分に近づく男性から良い人
を選ぶと言うだけで無く、大勢いる
男性の中から、これは大事な人だと
言うことを見抜き見きわめ、その相手には
積極的にアプローチする度胸も必要です。
それは蠍座の月にかかっています。

また単にエグゼクティブのパーティー
で美しく着飾るだけでなく、一番自分に
相応しいバスツアーを執念深く何度も
繰り返し調査と比較検討をし決定する。
そうした執念深い調査なども蠍座の月の
持つ力です。

つまりTスクエアの場合はオポジションの
2つの星に関してはわりと無自覚でつかう
場合が多いのです。
それに対してスクエアの中間点に関しては
かなり意識的に使うと効果的な力を
発揮するのです。
その意味では中間点の星をうまく使う
ことに集中すべきでしょう。
先ほどの例ですと蠍座の月に関しては
かなり研究をして、うまく使うように
常日頃から意識する必要があるでしょう。

さてTスクエアに関しては見逃せない点
があります。
それはグランドクロスとの関係です。
実はTスクエアは中間点である星に
オポジションで星が入って来るとグランド
クロスになると言う特徴があります。

これは例えば進行やトランジットで星が
中間点のオポジションの位置に入って来る
ことでしばしば起きる現象です。
ここには多きな意味があります。
と言うのもTスクエアはいわばバランスの
悪い偏った複合アスペクトです。
それに対してグランドクロスは扱うこと
が難しいながらも、かなりバランスの取れた
複合アスペクトです。

もともと偏っていたTスクエアがバランスの
取れたグランドクロスになるときは必ず
何らかの大きな出来事が起きます。
これはグランドクロスの方がバランス
が取れているため、多くはプラスの出来事
となります。

つまり元々偏っているTスクエアでは、中間点
をうまく使い、物事を推し進める必要が
ありました。
しかし、進行やトランジットの星が中間点の
オポジションの位置に入るとそのような努力
をしなくても夢がかなう時期になるのです。

例として先ほどの女性の場合ですと、進行で
火星が蠍座木星のオポジションの牡牛座15度
前後に入って来る前後合わせて3年程度は
かなり男性からアプローチをかけられやすい
時期になります。

この時期にはバスツアーなど行かなくても、
いたるところで、男性からアプローチをかけ
られやすいです。
いわゆるモテ期です。
こうしたときにはそれにおごらずに、この
時期の間に結婚まで決めてしまうべきです。
と言うのもこの時期は前後あわせて3年
ぐらいしか続かないからです。

またトランジットで牡牛座15度に星が入って
来るときはチャンスです。
先ほどの例の場合ですと、牡牛座15度に
金星がトランジットで入ってくる時期は
1年のうちで最も魅力をアピール出来る
時なので、バスツアーに参加するのも
この時期の開催日を狙って行くのが良い
でしょう。

こうしてTスクエアは何も起こらない
時期では中間点を利用するのが良く、
進行、トランジットでグランドクロスに
なるときには、それを見計らって行動する
と言う2つの点から運気を改善して行きましょう。

ちなみにTスクエアから進行やトランジット
でグランドクロスになる場合はきわめて
成功する確率が高いです。
これは元々グランドクロスである人よりも
成功する可能性が高いのです。

何故ならTスクエアの偏った配置の場合は
ストレスや活力がかなり蓄積されており、
それがグランドクロスになったときに
爆発的な力を呼ぶからです。
一方で生まれつきのグランドクロスの方は
元々バランスが良いので、これを上手く
使うように努力する必要があると言うこと
です。

ですからTスクエアの人が進行やトランジット
でグランドクロスになったときはかなりの
ターニングポイントとなるのです。

次回も複合アスペクトについて書いて行きます。

占い師Hisashiの占い講座78(Tスクエアの解説)」への8件のフィードバック

  1. はじめまして。

    私は、金星(魚座)と土星(乙女座)の間に海王星(射手座)がスクエアで入るtスクエア持ちです。

    射手座の海王星を意識して使うということいいのでしょうか?

    • はじめまして。
      占い師Hisashiです。

      魚座の金星は芸術的センス、乙女座の土星はそれを形に出来る根気がある
      と言うことです。
      そして射手座の海王星はそれらに対して知的かつ創造的な感性で、
      後押しをします。
      つまりかなり芸術的創作的な方向性に適性があると言うことです。

      また双子座に太陽が来る、5月下旬から6月上旬、6月中旬に行動を
      起こすと、先ほどの芸術的創作的能力はさらに輝きを増すでしょう。

      占い師HIsashi

      • そういえば子どもの頃、絵や工作を展覧会に出して頂いてました。
        美術部に所属したこともあります。

        久しぶりに何かを作ってみようかなという気持ちがわいてきました。

        時間を見つけてちょこっとやってみようと思います。

        お返事いただきありがとうございました。

  2. はじめまして。最近このサイトのことを知りまして、遡りつつ拝見しております。
    このTスクエアについて、お聞きしたいことがあります。

    私のホロスコープは十惑星全部が上半分に偏っており、オポジションをなす星は十惑星にはありません。
    そこで小惑星を入れると、蠍座のキロンが太陽・火星の合の牡牛座にオポジション、さらに水瓶座の天王星が両方にスクエアとなるTスクエアができます。

    しかし、こういう複合アスペクトに小惑星を入れてしまってもいいのでしょうか。効力はないか、あっても弱いと解釈するのでしょうか。また少しでも効力があるとしたら、この組み合わせはどのような意味をもたらすのでしょうか。

    質問が多くなってすみません。また、約一年前の記事へのコメントをお許しください。
    もしお気付きになりましたら、返信いただけると幸いです。

    • コメントありがとうございます。
      私のブログを遡ってみていただける
      のは嬉しい限りです。
      ただorangeさんはご自身の興味のある
      投稿のみを見ているのでしょうか?
      実は今回の質問の回答と言えることを
      以前の投稿で私は書いています。
      それは占い講座85です。
      それは複合アスペクトは無理やり探す
      ものではないと言うことです。
      小惑星まで使って探すことは無いのです。

      複合アスペクトは無い方が良いところも
      あります。
      複合アスペクトが魔法の杖であることは無いのです。
      複合アスペクトが無くても立派な方はいくらでもいます。
      特にT-スクエアですと、無い方が良いのではないでしょうか。
      T-スクエアは余計なテンションがあるためです。

      ただキローン自体は影響が大きい星なので、キローンを
      使うこと自体は悪くないでしょう。
      ただしキローンを使う場合は医療関係やセラピスト、
      占い関係に携わる方が使うべきです。
      普通の方が使う必要はありません。

      くれぐれも複合アスペクト探しに夢中にならないで
      ください。
      最近の流行なのでしょうか。
      複合アスペクトが独り歩きしている感じがします。
      スクエア単体のアスペクトでも成功している、
      フィギュアスケートの高橋大輔選手などもいるのですよ。

      T-スクエアよりは単体のスクエアのアスペクトの
      方が使いやすいかもしれません。

      占い師Hisashi

      • 返信頂きありがとうございます。
        実は以前にそちらも拝見させてもらったはずなのですが、今回質問するにあたりそのことが頭からすっかり抜け出てしまったみたいでした。
        二度手間をとらせるようなことをしてしまい申し訳ありません。

        信じてはもらえないかもしれませんが、普段は(といっても読むのは専ら自分のホロスコープだけですが)アスペクト一つに拘泥しないよう心掛けているつもりです。
        部分に集中しすぎて全体を疎かにする性分だとホロスコープや日常生活からも感じているからです。

        しかし最近になって小惑星も考えてみようとした結果、十惑星間にはなかったオポジションをもつキロンがあったこと(それも太陽・火星と)、そのキロンが太陽・火星と共に天王星とスクエアしていたことを知り、これはどう読めばいいんだ?と疑問が膨れ上がっていきました。
        今までもっていなかったオポジションがこんな形で太陽と関わっていることにどこか運命性を感じ、このTスクエアの意味を知りたいと思うようになりました。
        占星術の勉強の一環として色々なサイトを巡ったり自分で考えたりしたのですが、結局分からず混乱してしまいました。
        そしてついこの間、ここのサイトでもTスクエアについて扱っていたことを知り、藁をもつかむ思いでコメントをした次第です。

        ですが、Hisashiさんの言葉でようやく踏みとどまれました。そのときの自分は客観視できておらず、ちょっとしたことにこだわりすぎていました。結果Hisashiさんのお手を煩わせてしまったことには反省のしきりです。
        今でも知りたいという気持ちはなくなっていませんが、これからはそれも自分を構成する一つのアスペクトに過ぎないのだと自戒していく所存です。

        キロンのヒントを下さりありがとうございました。影響は大きいが使えるのは医療関係、セラピスト、占い関係…別の所では癒しとかも聞きましたが、まだまだ私の手には余る星のようです。
        もう一度基本的な星やアスペクトに立ち返ってみようと思います。太陽・火星と天王星のスクエアに自分なりの答えをだせるようになったら、また考えてみようと思います。

        長々と駄文を連ねてしまい申し訳ありませんでした。大切なことに気付かせて頂き感謝いたします。

  3. 素晴らしい記事をありがとうございます。
    私もネイタルにTスクエアがあるので、乗り越えるべき試練がある人より不運な運命と思っていましたが、
    この記事でそれを生かす方法もあるし、グランドクロスが出来る時期はチャンスが来ると言う事で楽しみです。
    スクエアに入る金星や火星を意識して強化出来るよう考えてみます。
    木星はパーティ、蠍座は一対一で深く向き合うのでバスツアーなのでしょうか。
    私の金星火星はそれぞれデトリメントの牡羊座と牡牛座で10ハウスです。木星と月がオポジション になるので、金星の表す愛情が縮小しやすいと言われるのがとても気になります。
    蠍座の月をバスツアーと読むのがとても驚いたのですが、サインの効果的な読み方が出来る方法はやはり企業秘密でしょうか。
    すごいサイトなので又チェックしにきます。
    ありがとうございます。

  4. I’ve learn several just right stuff here. Certainly
    worth bookmarking for revisiting. I wonder how much effort you put to make one of these magnificent informative site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です