占い師Hisashiの占い講座75(ノー・アスペクトの解説)

今回もアスペクトです。

今回はノ―・アスペクトです。
このノー・アスペクトは厳密に言うと、
アスペクトではありません。
ノー・アスペクトとはある星が
メジャーアスペクトが全くない場合
を表します。
マイナーアスペクトはあっても、
メジャーアスペクトがなければ、
その星はノー・アスペクトだと言えるでしょう。

このノー・アスペクトは変わった性質
を持ちます。
元来アスペクトと言うのは星と星との
結びつきを表します。
星と言うものは他の星との関わり合いの
中で磨かれ、応用が出来るようになります。
その意味ではアスペクトの数が多ければ
多いほど星としてのパワーがあると言えます。
これは社会にもまれて生きて来た人の
方がどんなことも出来る応用が利くのと、
一緒です。

一方でノー・アスペクトです。
このノー・アスペクトは他の星との関わり合い
が全くない星です。
その意味では成人してからも社会に全く
出ていかない人のようなイメージがあります。
となると何だかノー・アスペクトは悪い
アスペクトのように思われるかもしれませんが、
実際にはむしろ逆で、ノー・アスペクトの
星と言うのは本人が非常に大切にし、心の
拠り所とするような星なのです。

これはノー・アスペクトが純粋さを表すと
言うことです。
つまりまだ汚されていないイメージです。
ですからノー・アスペクトの星はその星、
本来の力を強く持ち、むしろその人の
心の拠り所とする星なので、かなり重要
なアスペクトです。

ノー・アスペクトの星を持つ方は意外にも
そのノー・アスペクトの分野で活躍
することがあります。
水星のノー・アスペクトの方が資格職に
ついたり、金星がノー・アスペクトの方が
ファッション関係で働いたり、火星の
ノー・アスペクトの方がスポーツマンに
なったりすることです。

これはノー・アスペクトであるが故に
その星の表す分野に強烈な思い入れが
あって、その星を開発したいと言う希望
がその星の表す分野での活躍を促す
のだと言うことです。

例えば金星がノー・アスペクトの男性は
若い女性に常に興味を持ちます。しかし、
実際には若い女性には相手にされません。
その強い思いが芸術や創作で活かされ、
絵画や小説、詩歌などでの創作意欲に
なったりします。

ノー・アスペクトの具体例では
大相撲の横綱 白鵬関が挙げられます。
白鵬関は土星のノー・アスペクトです。
稽古を重視し、基本動作を大事にする。
相撲に必要な全ての基本動作に丁寧に
向かい合うことによって、無類の強さ
を作りあげると言うのは努力、忍耐、
基本を大事にする土星のノー・アスペクト
の典型例でしょう。

つまり本人がいつも大切にしたい宝の
ような星がノー・アスペクトの星
なのです。

ただしこのノー・アスペクトは他の
星に全く関わりが無いため、活用の
仕方が難しいです。
ここで約に立つのが、進行の星と
トランジットの星です。
ノー・アスペクトの星に進行の
星が合で入って来た場合は、
ノー・アスペクトの星を進行で
来た星が手に入れると言うイメージです。

よく夢でRPGのような冒険的な夢を
見る方は多いと思います。
例えば伝説の刀マサムネを手に入れた
と言うような夢ですと、ノー・アスペクトの
火星を進行の太陽が手に入れたと言うような
イメージですね。
逆の進行のノー・アスペクトの火星が出生の
太陽に合で入って来た場合は普段は怒ることも
無かった男性が役職についたので、部下に
対して叱ったりすることも出来るようになった
と言うイメージでしょうか。

いずれにせよ進行でノー・アスペクトの星
が合のアスペクトを持つ時には、ノー・アスペクト
星の持つ力をうまく使えるようになる大きな
チャンスなので、活用するべきです。

また一方、トランジットで木星より遠い星の
木星、土星、天王星、海王星、冥王星が合に
なるときはノー・アスペクトの星の力を
世の中に出せたり、ノー・アスペクトの星の力
を強化する大きなチャンスだと言えます。

例えばノー・アスペクトの水星の人に天王星が
合でやって来た場合は、今まで文章を磨いて
いた人がSNSなどで急に注目されるように
なると言うイメージでしょうか。

いずれにせよ進行やトランジットを活用する
ことがノー・アスペクトの星を活用し活躍
出来るようになることと深い関連性があります。

そうして活用するならば、実は一番使える
アスペクトがノー・アスペクトであると言う
ことが言えるでしょう。
なぜなら元々その星はほとんど活用してきて
いない星だからです。
これを活用できるようになると、人生が
一変します。
大いなる発展も見込まれると言うことです。

ホロスコープの解読で、見逃されてしまう
のがこのノー・アスペクトですが、実は
このノー・アスペクトが重要なポイント
となっている場合があるのです。

ノー・アスペクトが無い方も多いので、
ノー・アスペクトがある方はノー・アスペクト
に注目してご自分のホロスコープの解読
をしてみることをオススメします。

次回もアスペクトについて書いて行きます。

 

占い師Hisashiの占い講座75(ノー・アスペクトの解説)」への1件のフィードバック

  1. 私は女性ですが、出生図には、水瓶座4度のノーアスペクトの火星があります☆

    なるほど男性と知り合っていい感じになっても その後がなかなか続きません。これも火星ノーアスペクトの影響なのでしょうね。

    一緒に生きていく男性パートナーが欲しいですが、トランジットやプログレスを利用する以外には難しいのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です