占い師Hisashiの占い講座85(改めて複合アスペクトについて考える)

今回は改めてアスペクトについて考えて行きます。

前回までで、あらかた複合アスペクトを見ていきました。
まだグランドセクスタイルと言う複合アスペクトがありますが、
これはグランドトリンが2つ逆さまに組み合わせられた複合
アスペクトであり、グランドトリンの福分を強く持つ複合
アスペクトですが、かなり限定されているうえ、ほとんどこの
複合アスペクトを持っている方もいないと思います。
出生の星のアスペクトと言うよりは、進行やトランジットの
星との関わりの中で出て来る複合アスペクトでしょう。

私は複合アスペクトに関しては、基本的には出生の星の
アスペクトが重要なのだと思っています。(ただし、Tスクエア
のように進行やトランジットの星でグランドクロスが出来る
場合があり、セクスタイルにインコンジャンクトが来るヨードの場合
もあるので、その時には進行やトランジットの星も見ますが。)

ですのでグランドセクスタイルは基本的には2つのグランドクロスを
複合的に考えると言うイメージです。
火のグランドトリンと風のグランドトリンが組み合わさり、創作と
その整理・まとめを有効に使えて、知的な創作活動が得意なパターンと
地のグランドトリンと水のグランドトリンが組み合わさり、経済的な
安定と恋愛的な心の安定を同時に手に入れると言う、物質、精神の
安定を感じるパターンです。
そこだけをみれば良いでしょう。

このグランドセクスタイルは60度ずつセクスタイルが6つ組み合わされ
た複合アスペクトで中には神の意志が働く、運命的な複合アスペクト
であると言われる方もいますが、私は以上のように2つのグランドクロス
が組み合わされたものと解釈しています。

また出生のホロスコープだけでは(進行、トランジットを使わない場合は)
ほとんどこの複合アスペクトを持っている方はいないので、この複合アスペクト
を過剰に評価する必要は無いでしょう。

基本的に進行やトランジットのホロスコープを使うと複合アスペクトは
かなりたくさん出来てしまうので、私は進行やトランジットを含む
複合アスペクトはあまり重視しません。
このグランドセクスタイルなどは進行やトランジットの星が来た時に
有効になるタイプの複合アスペクトです。

さて以上のことからもお分かりいただけたように、複合アスペクトは
こういう複合アスペクトがあって欲しい、この複合アスペクトはどんな
特別な意味を持つの、と言うように何か素晴らしい効果を期待する
ようなものでは無いと言うことが言えます。

つまりグランドクロスを持っていたからと言って、不幸の星に
生まれたとか、逆に素晴らしい才能があると思う必要は無い
ですし、ヨードがあるからと言って天才的な才能があるとか、
運命の縛りがあるとか思う必要も無いのです。

一般的には複合アスペクトはかなり特殊で、その複合アスペクト
を持っている人は何か運命的な強い影響を持っていると思われる
かもしれませんが、実はそうではなく、複合アスペクトをうまく
活用されている方が成功をし、活用できなければ成功は出来ませんし、
だからといって複合アスペクトを活用しなくても、不幸になる
というわけでもありません。

複合アスペクトは実は大抵、誰でもが一つぐらいは持っている
ものです。
私がスポーツ選手を例に挙げて複合アスペクトを解説してきた
のは複合アスペクトを活用して成功している方の例として、
挙げたまでで、活用できない方も大勢いらっしゃいます。
いやそうした方の方が多いでしょう。

要するに複合アスペクトは活用次第なのです。
自分にどんな複合アスペクトがあるか。そして、それを
活用するにはどうしたら良いか。
そんなことを目指して、この私の占い講座では複合アスペクト
について書いたつもりです。

例えば牡羊座は成功して、牡牛座は失敗する。
そんな風に考える人はいませんよね。
牡羊座は自分から物事を切り開いていけば成功する。
牡牛座は同じことを何回も繰り返して熟練すること
によって成功する。
そして、当然、努力をしなければ成功をしない。
星座を見るときには、普通はそうした解釈をします。

複合アスペクトも同じなのです。
グランドクロスは不幸の星、グランドトリンは幸運の星。
何も複合アスペクトが無い人は平凡な人。
そのように思うのは間違いなのです。

グランドクロスは困難はあれども努力して四元素の
良いバランスを見つけたときには成功する。
グランドトリンは比較的に物ごとがうまく行きやすいが、
偏っているので、バランスを崩しやすく、気をつけないと
楽な方のみに行きがちで怠慢になることもある。
複合アスペクトが無い方は、ノー・アスペクトやタイトな
アスペクトを使うべきですし、それも無い方は単なる
アスペクトでも使い方によっては成功出来る。
そのように考えるべきなのです。

つまり複合アスペクトとは何か特別な力や運命を表す
ものなのではなく、誰でもが一つぐらいはありますし、
また無くても成功は出来ると言う、極めて一般的な配置
なのだと言うことです。

あくまで自分はそうしてタイプであると言うことを
認識すべきでしょう。
これは複合アスペクトを2つも3つも持っていても
同じです。
ようするに使いこなせるかどうかです。

とりたてて複合アスペクトを持たずに、太陽と
火星のタイトなスクエアのアスペクトで成功した
オリンピックメダリストのフィギュアスケーターの
高橋大輔選手のことを考えると、複合アスペクトは
実は持たなくても良いのではないかと思ってしまう
ほどです。

もちろん私は複合アスペクトでもスポーツ選手の
例を挙げてきましたが、それはつまり複合アスペクト
を上手く使っている方の例です。
うまく使えないのなら複合アスペクトも宝の持ち腐れ
となります。

自分の複合アスペクトを知り、うまく使って行きましょう。

次回もアスペクトについて書いて行きます。

占い師Hisashiの占い講座85(改めて複合アスペクトについて考える)」への2件のフィードバック

  1. 牡羊座太陽12室、山羊座火星9室、天秤座月6室のTスクエアがありますが、火星をどう活かすのがよいですか。

    • 占い師Hisashiです。
      コメントありがとうございます。

      mioさんの場合は基本的には何かスピリチュアル的なことを
      したいといつも思いつつ、仕事ばかりをしているのでしょう。
      この場合は海外の世界遺産への旅などに行くと、良い異性に
      出会うチャンスがあります。
      または歴史の勉強会や書道や俳句などの習い事に行くのも
      良い出会いもあるし、自分も高められます。
      モチロン占いの勉強会でも構いません。

      時期は今、太陽が蟹座に入りましたので、これから7月の下旬ぐらいまでに
      動きましょう。

      占い師Hisashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です