占い師Hisashiの占い講座86(アスペクトのまとめ)

今回はアスペクトについてのまとめです。

私は以前から、アスペクトは考慮に入れないでも
構わないと書いてきました。
何故なら、星の意味、12星座の個性、12室の当てはめ。
それが適切に行われるならば、そこからあらゆる
物事を把握出来るからです。

そこを見ていれば、アスペクトは実は備忘に過ぎない
ことが分かるでしょう。
つまり牡牛座の3室の太陽と蠍座の9室の月のある男性なら
生き方が職人的に教師のようなことをし、妻はその夫を
愛し、色々と夫のために準備をしてくれる良く出来た
人でしょう。

これをアスペクトのオポジションと考えると、やはり夫に
献身的に尽くす妻のイメージが出ます。
つまりはアスペクト解釈は単に読みやすくするだけの
ものなのです。
しかし、複合アスペクトになると、かなり複雑な精神も
表すので、その意味ではアスペクト解釈と言うものも
意味のあるものであると言えるでしょう。

しかし、アスペクト解釈をメインと考えないでください。
あくまで星の持つ力、12星座での個性、12室への
当てはめ、そこから導き出されるイメージの応用。
そこをメインとしまして、サブ的にアスペクト解釈で
星同士の動き、働きを見る。
と言うように解釈をしていくことが、アスペクト解釈
を上手く使う秘訣であるのです。

さてアスペクトはこうであるとか、こうでならなければ
ならないと言うものではありません。
寧ろこうするべきとかこう使うべきと言うものであります。
これはつまり、グランドトリンがあるから、幸運であるとか、
火のグランドトリンなら、創作活動をする人だと言う解釈
ではなく、創作活動をしてみたら、何かできるかもしれない
とか試しに絵でも描いてみるかとか、自分で工夫するための
道具であると言うことを理解するべきです。

その意味ではアスペクトにはどのように使うと言う視点が
必要不可欠です。
使わないアスペクトは絵に描いた餅のようなものです。
実効性に欠けるのです。
よくこのアスペクトだとどういう運勢なのでしょうかと
問いかける方がいますが、アスペクトが運勢を決めること
はまずありません。
アスペクトは使わなければ、実は悪いクセとして現れる
ことがほとんどです。
例えば幸運と言われるグランドトリンにしても、意識
して使わないのならば、悪いクセのように現れるでしょう。

この場合はどうしても、楽な方にばかりに行くような
クセです。
それは幸運と言うよりは怠惰なクセでしょう。
しかし、一度ヤル気が起きて、そのグランドトリンを
使って何かをしてやると言う気持ちが起きてくれば、
このグランドトリンはその四元素なりの力を発揮し、
何事かを成し遂げるパワーを持ちます。
そうした時に初めて、グランドトリンはその幸運
と呼ばれる力を発揮するのでしょう。

つまりはアスペクトは使い方次第なんですね。
どんなに良いアスペクトでも使わないで放っておけば、
単なる悪いクセで終わります。
また意識して使おうと思えば、たとえ大したことが
ないような、単にタイトなスクエアがあるだけの
アスペクトであっても、大成功を勝ち取ることが
出来るのです。

この場合は使おうとはそのアスペクトの個性を理解
して、意識的にそのアスペクトの持つ力を引き出そう
と努力することにあります。
ですからグランドクロスならば、四元素のパワーバランス
を考えて、四元素そのものをどう調和させるかと言う
ことに着目することです。
それで使うと言うことが出来ます。
もちろんそれは楽なことではありません。
しかし、そこで培った努力や忍耐は必ずや後の自分の
財産になります。
そうしてアスペクトをうまく利用していった
時にこそ、アスペクトの持つ福分が開かれるのです。
じっとしてうまく行くようなものではありません。

大体において、占星術は自分が意識して動いてみる
ことで、運勢を変える術だと言えるでしょう。
ただ単に待っているだけのものではありません。
特にアスペクトは利用して動いて努力することに
よって運勢を向上させる傾向が強いです。

みなさんも自分のアスペクトの性質をよく理解して、
活用してください。

その中でポイントなのは複合アスペクトのように
自分の中で重要なアスペクトにおいては、比較的
に普段から利用している傾向があります。
その点、孤立したアスペクトは普段意識していない
アスペクトなので、利用価値が高いでしょう。
例えば多くの星が複合アスペクトに固まっていて、
木星と火星だけが孤立した合のアスペクトを
持っている人の場合は、普段パワフルに生きている
女性でも、恋愛ではあまり良くない男性に尽くして
しまうところがあります。
これは孤立したアスペクトを悪いクセにしている
パターンです。

こうした場合はこの孤立している火星と木星に対して、
マイナーアスペクトで、中心となる複合アスペクト
との接点を探していきましょう。

もしこの孤立した火星と木星の合に例えば中心と
となるグランドトリンの一角の太陽に火星が72度の
キンタイルがある場合はこのキンタイルの表す、五感
のコントロール、つまりは星座的な四元素を加味した
上でのコントールで火星が太陽をポイントとする、
グランドトリンにアプローチ出来れば、つまりは
火星の星座より太陽の星座にアプローチが出来れば
火星と木星の孤立すなわち、男性関係の苦しみから
逃れることが出来て、真に幸せな結婚へと向かえる
でしょう。

つまりはそうした使うと言うことがアスペクトには
必要なのです。

さて星、12星座、12室、アスペクトと見ていくと、
星の解釈の静的な解釈である、星、12星座、12室の
解釈と動的な解釈である、アスペクトの解釈の理解
はこれで整いました。
ここからが新たな段階だと言えます。
実はこうしたホロスコープの解釈は出生のホロスコープ、
つまりは生まれたときの星の配置から見る解釈なのです。
しかし、人はドンドン変わっていきます。自分だけでは
なく世の中はドンドン変わっていきます。
そこに対応しなければ、真に運命を変えていくことは
出来ないでしょう。

こうした場合に占星術では、最適な方法があります。
次回からはその方法について書いていくことと
しましょう。

占い師Hisashiの占い講座86(アスペクトのまとめ)」への3件のフィードバック

  1. アスペクト
    実は、娘が月冥王星90度であり、ハードアスペクトが多く、心配していました。娘は高校生です。娘の月は乙女18度で、(私の冥王星乙女18度)、娘の冥王星射手15度(私の月射手7度)です。
    今、事情があり、子供と離れていますが、子供が月冥王星90度だときついとか母に支配されているとかいう情報をネットで見て、自分は子供に迷惑だったのかと心を痛めていました。しかし、ブログでアスペクトに価値を加えてるのは所詮は受け手でしかないと、すこしほっとしました。何のために一生懸命子供を育ててきたのか?と不安が強くなりましたが、思春期に子供が自立するときに、大好きな親だから反抗できる、そもそも反抗してくれないと逆にちゃんと育っていないことになると少し冷静になりました。葛藤があってこその人生で、葛藤を乗り越えないと大きくならない。それは親であっても子供であってもそうなんだなと思います。葛藤できるだけの関係を構築してきたから、とそこは胸を張ってもいいかもしれません。うざい親であってもその親がいることはやはりありがたいことです。

  2. なるほどと思いました。占星術家の中には出生時間が不明な方も多いのでアスペクトに偏重する方もいます。大切さも理解出来るのですが、星座、惑星、ASC.MCなどの様子も大切でムラ無く全体的な雰囲気を大事にして行きたいと考えます。アスペクトもハードにせよソフトにせよ、この人が努力出来る人なのか、今努力しているのか?考察しながら判断していきたいですネ。気持ちが前向きになれるように今後、悩める人に助言できるようにして行きたいです。
    いつか星占いに成りたいmoonより

    • コメントありがとうございます。

      アスペクトは偏重すべきではないと私は思っています。
      アスペクトの偏重は解釈を固定化させてしまいます。
      あくまで星座や室を中心にすべきだろうと思うのです。

      ただ私もアスペクトは使いますよ。
      どちらかと言いますとその場合は普段使っていない
      アスペクトを掘り起こすように使いますが。

      アスペクトからどの星に力点があるかを読み解く
      ことも出来ます。

      アスペクトに偏重している方はこうして、アスペクト
      を立体的に読み取くのではなく、アスペクトを吉凶
      的に平面的に読んでいくことが多いです。

      そうした解釈ですとアスペクトは利用しない方が良いです。
      星の力点を掴むような立体的な解釈をするときには
      アスペクトは利用価値があるでしょう。

      占い師Hisashi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です